【脱毛後の毛嚢炎トラブル】サロンとクリニックどちらが安心?ステロイドで治るの?

脱毛 毛嚢炎 毛のう炎

こんにちは。

このブログ主、元某脱毛クリニック勤務の「ikumi」です^^

(旦那の転勤・主産で昨年退職しました💦)

 

今日のブログは…

毛嚢炎について。

 

毛嚢炎(もうのうえん)というのは、脱毛後に赤いブツブツができる皮膚トラブルの1つです。

パッと見は、小さめのニキビにも見えます^^;

 

このブログでわかること

  • 毛嚢炎って何?
  • 毛嚢炎になったら、どうしたらいいの?
  • 毛嚢炎があると、脱毛できない?
  • 医療脱毛の方が毛嚢炎になりやすいの?
  • 毛嚢炎はどれくらいの期間で治るの?

などなど。

毛嚢炎トラブルに関して、対処法についてお伝えできればと思います。

私の脱毛経験が、誰かのお役に立てれば幸いです^^




毛嚢炎とは?

脱毛 毛嚢炎 毛のう炎

 

毛根を包んでいる「毛嚢(もうのう)」に、炎症が起きた状態を毛嚢炎といいます。

見た目は小さめのニキビのような感じです。

 

原因は細菌。

 

傷ついた毛穴に細菌が感染し、炎症が起こります。

痒みはありません。

 

自己処理でも起こります。

(脱毛に限ったトラブルじゃないんですよー💦)

 

カミソリやシェーバーで毛を剃った後、しばらくしてから毛穴が赤くなったことはありませんか?

剃り跡が真っ赤になったり、ポツポツ赤くなっていたら、それも「毛嚢炎」です。

ikumiは高校生のころお風呂場でムダ毛を剃っていたのですが、その頃よく毛嚢炎になってました^^;

 

治療は特に必要なし。

 

数が少ないときは自然になることが多いですし、痛みや痒みがなければ時間の経過とともに赤いポツポツは消えていきます。

ただし症状がひどい場合は、抗菌薬や内服薬を使うこともあります。

 

大事なのは予防!

 

毛嚢炎になってしまったら自然治癒を待つのが基本だからこそ、ならないための予防策がしっかりしている店舗で脱毛するのがオススメです。

(治るまでに1週間以上かかることも…)

 

サロンよりクリニック。

 

サロンは医療機関ではないので、お薬が処方できません。

毛嚢炎予防でステロイドは塗れないし、毛嚢炎になっても「提携先の皮膚科」を受信するように勧められます。

(その場で何とかしてほしいのにね…)

 

一方、クリニックは医療機関。

 

脱毛後にステロイドで毛嚢炎のリスクを減らしたり、毛嚢炎になってしまったときにその場でお薬を処方することもできます。

 

まとめ:毛嚢炎が心配ならサロンより「クリニック」が安心。

>>【関連記事】大阪府限定!オススメの医療クリニックまとめ




【サロンvsクリニック】毛嚢炎になりやすいのはどっち?

脱毛 毛嚢炎 毛のう炎

 

先日このような質問をいただきました。

サロンの光脱毛より、クリニックのレーザー脱毛の方が毛嚢炎になりやすいって本当ですか?

 

サロンの光脱毛よりクリニックのレーザー脱毛の方が強力=毛穴へのダメージも大きい…というところから出た噂なのかな…?

 

これはikumiの考えですが…

サロンだから安全、ということはないです。

 

そもそも毛嚢炎は脱毛後に限ったトラブルではないですし、「サロンの方が安心!」なんてことはないです。

(脇をサロンで脱毛したとき毛嚢炎になった…)

 

むしろ毛嚢炎になった時のことを考えると、サロンよりもクリニックの方が安心感があります

お薬の処方など治療ができるのは、「医療機関扱い」のクリニックだけです。

「エステ扱い」のサロンでは、毛嚢炎の治療も出来ませんので^^;

 

医療レーザー脱毛は、医師免許を持った人しか施術できません。一方サロンの光脱毛は、資格は必要なし。エステ扱いだから、資格の有無に関係なくどんなスタッフでも施術できちゃうんです。




【ikumi厳選】アフターケアがしっかりしたクリニック3選

毛嚢炎が心配なら、エステサロンよりもクリニック。

とはいえクリニックもピンキリです…。

 

  • 毛嚢炎が心配
  • 肌トラブルが心配
  • アフターケアがしっかりしたところがいい

という方のために、施術&ケアが丁寧なクリニックを3つ厳選してご紹介します^^




東京都内ならココ!

脱毛 毛嚢炎 毛のう炎

 

  • 名 前:メディエススキンクリニック
  • 住 所:東京都中央区銀座3-9-19 吉澤ビル6F
  • 電 話:0120-415-554
  • 脱毛機:エリートMPX、G-MAX、GENTLE LASE

 

痛みが小さい&照射面積の広い「GENTLE LASE」、剛毛~産毛までどんな毛に効果を発揮する「G-MAX」、肌ダメージ&痛みが少ない次世代型脱毛機「エリートMPX」…。

肌や毛の状態に合わせてチョイスできるので、ikumi一押しのクリニックです。

 

東京都内1店舗だけなので、通える人が限られてしまいますが…。

都内に住んでいるなら、本当にラッキーだと思いますね。

(毛嚢炎対策もバッチリだった!)

▼部位ごとの脱毛価格はこちらより
>>メディエススキンクリニック公式サイト




愛知県&大阪府民ならココ!

脱毛 毛嚢炎 毛のう炎

 

  • 名 前:ジョウクリニック
  • 住 所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-20
    桜橋IMビル4F
  • 住 所:愛知県安城市緑町1-25-1 TOCOビル4F
  • 脱毛機:GENTLE MAX PRO

 

店舗は「京都」「姫路」「高知」「松山」「大阪」「安城」「那覇」の計7店舗あるのですが、全身脱毛が安いのが「愛知」&「大阪府」

多店舗の価格より、3万円ほど安く脱毛できちゃうんです…!!

 

使用している脱毛機はジェントルマックスプロ

レーザー照射と同時に冷却装置が働くので、痛みがほとんどないだけでなく、肌ダメージも最小限に抑えられます。

毛嚢炎トラブルが心配な方にもオススメの脱毛機です!




全国区のクリニックならココ!

脱毛 毛嚢炎 毛のう炎

 

  • 名 前:アリシアクリニック
  • 脱毛機:GENTLE LASEプロ、ライトシェアデュエット、SPLENDOR X

 

痛みが小さい「GENTLE LASE」、日本人の肌と相性のいい「ライトシェアデュエット」。

注目すべきは、まだアリシアにしか導入されていない「スプレンダーX」という脱毛機!!

剛毛~産毛に対応できるのはもちろん、これまで「効果が出にくい」と言われていた日焼け肌(地黒)にも効く最先端の脱毛機なんです。

 

脱毛料金はちょっぴりお高いですが、効果第一に考えるならカナリおすすめです。

▼お近くの店舗はこちらより
>>アリシアクリニック公式サイト




さいごに~ikumiメモ

脱毛 毛嚢炎 毛のう炎

毛嚢炎は、脱毛後に多いトラブルの1つ。

だからこそ「少しでもリスクを減らしてほしいな」という想いで、今回のブログを書かせていただきました。

 

脱毛サロンには、医師免許を持ったスタッフはいません。

毛嚢炎に関する知識を持ち合わせているのは、医師免許を持つ「クリニックのスタッフ」です。

 

しかも脱毛効果も、サロンとクリニックじゃ全然違います。

サロンは毛をなくすのに3年~5年かかりますが、クリニックなら1年~1年半。

「料金が高いから…」とサロンを選ぶ方も多いですが、通う期間・回数・肌トラブルのリスクを考えるとクリニックの方が良心的なんじゃないかなぁ…と思ってしまいます。

(私はサロン・クリニックの両方で脱毛経験ありです)

 

なーんて。

これはあくまで、私の考えですけどね^^

 

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

皆さんにぴったりの脱毛サロン&クリニックが見つかりますように。

@ikumi




コメント